マンションの鍵開けをお願いしました

現在のマンションは10年前に新築で購入したため、いろいろなところに不具合が生じるようになりました。
そのせいか、玄関のドアの鍵のシリンダーのまわり具合が硬くなる状況となったため、市販の潤滑油を用いてシリンダー内に噴射し、対応をしました。
しかしながら、潤滑油を噴射した翌日に、自宅のドアを閉め、外出後に帰宅したところ、鍵が開かなくなってしまいました。
症状としては、鍵を挿入し、回してもシリンダーが空回りするような感じです。
仕方なく、管理人さんを通じて、鍵開け業者さんによって鍵を開けてもらいました。
業者さんによれば、潤滑油を噴射したことによって、シリンダー内のゴミが固まったことにより、根詰まりを起こしていたようです。
その後、シリンダー内を分解し、掃除を行いました。
結局、出張料金を含めて、10,000円(税抜き)の対応料金を支払うことになりました。
今後は、シリンダーには潤滑油を噴射しないようにということに気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です